趣味を仕事にしていくためのメルマガを配信中!

   

Vimeoに無料登録する方法と使い方!ログインできない時の解決方法を解説

 

この記事を書いている人 - WRITER -

趣味や好きなことのブログで生計を立て、その手法を少数名の方にお伝えしています。現在は千葉県で梨を作りながら、個人コンサルに尽力中!

詳しいプロフィールはこちら

しょーりん

日本だと有名な動画共有サイトは『YouTube』や『ニコニコ動画』ですが、世界的に見ると他にも様々な動画サイトがあります。

その中でも『Vimeo』という動画サイトは自分のビジネスに関わる動画を保存しておくのに適している印象を受けたので、今回はその登録の仕方とログインできない時の解決方法について紹介していきます。

Vimeoの特徴

わかりやすいように誰もが利用したことがあるYouTubeと比較して、Vimeoの特徴について見ていきましょう!

利用規約が非常に厳しい

YouTubeは他人の作品であろうと動画をアップロードできてしまいますが、ヴィメオでは自分で制作したオリジナル動画でないと動画投稿ができません

本来これは当たり前のことなんですけどね…^^;

ただ、規約が厳しいと感じるのはその先で仮に自分が作った動画でない動画を著作者に許可を得ていてもアップロードしてはいけないという点です!

また、画面キャプチャなどの動画も基本的にはNGでゲーム実況なんかは御法度ということになります。

広告が表示されない

YouTubeでは様々な動画に広告が出るようになっていますが、Vimeoでは動画視聴時に広告がでません。

それはVimeoが主に収益を得ている先が有料会員の動画アップロード者だからです^^

動画に余計な広告が出ないことでユーザーが動画の視聴に集中することができ、動画でのユーザー独自ブランディングを確立することができます。

自分の動画の関連動画に他人の動画が出ない

こちらはVimeoの特徴的な部分なのですが、Vimeoでは関連動画に他人の動画が表示されることはありません

YouTubeでは右側や下に動画が表示され、その中には他人のアップロードした動画も含まれます。

Vimeoは自分の動画しか表示されないため、一度自分の動画を視聴した人が次も自分の動画を視聴してくれる可能性が高いです。

そういう意味では自分に興味を持ったユーザーを逃したくない場合やサイト内で競合を見つけて欲しくない場合はVimeoは魅力的なサイトと言えます!

商用利用が禁止

また、YouTubeと大きく違うところはVimeoでは原則的に”商用利用不可という点です。

セールスやプロモーションを目的とした動画の投稿はNGとなっています^^;

そういう意味では直接的な集客で利用する上でVimeoはあまり適していません。

 

では、

『なぜここでVimeoの紹介をしているのか?』

 

こちらについてお話していきたいと思います!

動画共有サイト『Vimeo』の登録方法

早速『Vimeo』の登録方法について見ていきましょう!

Vimeoのページはこちら
Vimeo(ヴィメオ)

トップページの『登録』というボタンをクリックします。

 

名前、メールアドレス、パスワードを入力設定して『Eメールで登録』をクリックします。

 

すると、登録したメールアドレスにVimeoからメールが届くので『Verify email address』をクリックします。

 

すると、このような管理画面に入れるようになり、動画のアップロードもできるようになります!

 

Vimeo Basicという無料会員でも利用し続けることができますが、アカウントをアップグレードすることもできるので使用用途に応じて使っていくと良いですね!

ログインできない時の解決方法

Vimeoを使用していて久しぶりに自動ログインをしようとした際に、ログインできなくなってしまうことがあります。

自動ログインを設定していてログアウトしていないのに、ログインできなくなっている場合はブラウザのキャッシュをクリアしてみましょう。

それで再度ログインを試してダメであれば、Cookieを削除して再度試してみましょう!

大概の場合はそれで解決できるはずです^^

僕が考えるVimeoの使い道

“商用利用できない”というをことを聞くとビジネスでの利用には向かないような印象を受けますよね。

僕自身”もここから集客しよう”とか”ビジネスに繋げよう”という風には考えていません。

使い道の一つとして”動画の保存庫””購入者向けの動画公開場所”として利用することを考えています^^

 

僕が主に利用している動画共有サイトはYouTubeなのですが、動画を置いておくプラットホームとしてはやや信頼性に掛けるという…

 

利用者も多くてユーザーにアプローチする上ではこれ以上ない場所なのですが、全く問題のないチャンネルも間違えて消されてしまう事例を仲間内で何度も耳にしています。

 

そういう意味合いではバックアップしておく場所としてVimeoを利用するのは一つの手かな~と考えています!

また、購入者向けの動画公開などではVimeoの方が特別感があるので個人的にはオススメです 笑

 

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。