趣味を仕事にしていくためのメルマガを配信中!

      2016/12/28

浪費と消費と投資って何?区別してお金の無駄遣いを防ぐ方法

 

この記事を書いている人 - WRITER -

趣味や好きなことのブログで生計を立て、その手法を少数名の方にお伝えしています。現在は千葉県で梨を作りながら、個人コンサルに尽力中!

詳しいプロフィールはこちら

しょーりん

o

なかなかお金が貯まらない!

お金を無駄遣いしてしまう!

このようなお金の悩みを抱えている人は非常に多いです。

生きているだけでもお金が掛かるのが世の中ですのでお金の悩みというのは基本的にはなくなりません。

幸い僕はあまりお金を使わない人なので本当にお金に困ったことはありません。

今回は僕なりのお金の無駄遣いをしない方法をお話していきたいと思います。

投資・消費・浪費を区別する

まず、お金を無駄に使わないようにするには浪費と消費と投資の区別をつける方が良いです。

ざっと言うと『浪費』と『消費』、『投資』はこのような意味です。

■投資
将来の利益のために金銭を投入すること
得られる価値>使ったお金

■消費
金銭を使ってなくすこと
得られる価値=使ったお金

■浪費
金銭を無駄に使うこと
得られる価値<使ったお金

最初のうちはどれが消費や浪費になるのかなどわかりづらいですが、基本的にはものを買うときに必要か必要じゃないかを考える事で『浪費』は防ぐことができます。

しかし、一番難しいのが『投資』です。一見自己投資のように見えるものでも購入のタイミングなどによっては『浪費』になってしまうからです。

例えばですが、現在ネットビジネスの教材を購入して実践していたとします。

そこで他の人のメルマガから別の教材のセールスが掛かったときに魅力的で興味があるから買ってみるというのは浪費になる可能性が高いです。

本来自分のために買った教材なので投資のように見えるかもしれませんが、すでに今実践しているものがあるタイミングで購入してしまうと元々やっていた方が『なあなあな状態』になる可能性も秘めています。

色々なノウハウを吸収していいとこ取りをしてさらに稼ぐなんていう器用なことをできる人はほとんどいないので、もしもこのような状況の場合はよく考えた方が良いですね。

また、投資というのは教材や本など自分が学ぶためのものだけでなく、自分が作業を行う環境を整えることも投資になります。

僕が実際にやった『投資・消費・浪費』

言葉だけではわかりづらいので僕が実際に買ったものでやってしまった『浪費』、お金を使う必要があった『消費』、自分のためになった『投資』を紹介していきます。

利益をもたらしてくれた『投資』

9

ネットビジネスをするために購入したノートパソコンですね。

これを買ったおかげでどこでも作業ができるようになりました。また、本来使うだけで値段と同等の価値がありますが、これを使うことでかなり作業の幅が広がってネットビジネスで収益を上げることができました。

PCの性能だけでも満足していますが、それ以上に稼げる環境を構築できたので『投資』だと捉えています。

必要不可欠の『消費』

image2

生活する上で必要なメガネです。

目が悪くなり、度を変える必要があったため購入したものです。

純粋に必要なものだったので僕は『消費』だったと考えています。

値段相応でそれ以下でも以上でもないです。

完全にいらないものだった『浪費』

8

『考えない人』のガチャガチャですね。

200円ですが全く必要のないものでした。

置き場にも困っていますし、完全なる『浪費』に当たります…。笑

このような感じで大まかにでも自身にとって買ったものが『投資・消費・浪費』に当たるか選別していくと良いです。

そして買ったレシートがあれば箱などを用意して3つにわけるとどれくらいそれぞれにお金を使っているかがわかるのでオススメです。

お金を無駄遣いしないための方法

上記のようなそれぞれにどれくらい使ったかを把握しておけば月単位とかで区切りをつけて、『今月は使い過ぎないようにしよう』などとお金に対する意識改革ができるので非常に無駄遣いを防ぐ効果があります!

また、ここまでやるのが面倒だと言う人は1日にいくら使ったかを手帳のカレンダーに記入するだけでも良いです。

これをやっておくと予定などを確認した時に『げっ、先週金使いすぎてる』と言った感じにお金を使っている状況を思い出せるので無駄遣いを抑止してくれます。

僕はこれらの方法を行うことで少ない給料の中でも貯金が貯まっていきましたし、いざというときには余裕を持ってお金を使うことができています。

『自分はちょっと無駄遣いが激しいかも…』と思っている方はぜひ実践してみてくださいね!

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。