趣味を仕事にしていくためのメルマガを配信中!

   

好きなことで稼げている人2パターンしかいない説

 

この記事を書いている人 - WRITER -

趣味や好きなことのブログで生計を立て、その手法を少数名の方にお伝えしています。現在は千葉県で梨を作りながら、個人コンサルに尽力中!

詳しいプロフィールはこちら

しょーりん

どうも、しょーりんです。

 

何か新たな挑戦をするとしたら『好きなことをトコトンやれ』ということが言われます。

また、ビジネスにおいては『自分の好きなことでなく、まずは稼げるやり方から始めましょう』といったことも言われます。

 

 

一体どっちを信じたら良いんだ…

 

 

そんなことを以前の僕は真剣に悩みまくっていました。

好きなことで稼ぎたいし、、、でもビジネスとして稼げることをやりましょとも言われるし、、、

 

うーん、みたいな。

 

厳密に言うと、どちらも正解ではあるのですが、

『ただし、〇〇に限る』というような制限付きの正解と言うべきかもしれません。

 

今回は『好きなことで稼げている人は2パターンしかいない説』を提唱しつつ、そんな制限付きの正解についての解説していきます。

好きなことで稼げている人2パターンしかいない説

偉そうに『〇〇説』なんて言っていますが、僕が勝手に思っていることです。

けれど、僕がブログで発信しているように好きなことで稼いでいく上ではぜひこの説を知っておいて欲しいと思っています。

 

ちなみにこのような2パターンに分類できます。

 

・好きで好きで仕方なくて追求しちゃうパターン
・ビジネス・稼ぎ方を知っているパターン

 

それぞれについて深掘りして紐解いていきましょう。

※稼ぐに限らず、成功している人2パターンとも捉えられます

好きで好きで仕方なくて追求しちゃうパターン

世の中で大成功している人はこっちのタイプが多い印象を受けます。

 

ただ、こっちのパターンで成功している人は自分がやりたいことを追求し続けまくった結果として稼げている人がほとんどです。

 

そこには他人が真似出来ないような圧倒的な努力の現象化として、稼ぐことができているタイプです。

そもそも稼ごうとして、成功しようと思って努力していないというニュアンス。

 

具体的な例を挙げるならば、

今やとんでもない有名人となった日本のトップYouTuberのHIKAKINさんなんかもそうですね。

 

この人はYouTuberという言葉がない頃から、YouTubeに広告がない頃から動画を投稿し続けているわけですから…

 

また、僕が好きなアーティストの米津玄師さんもこっちタイプだと言えます。

米津玄師さんは元々はハチと言う名義でボカロPをしていて、独自性の強い楽曲を作り続けていました。

ボカロの曲は打ち込みで作れるため、何でもありで当時作っていた楽曲は腕が3本ないと再現するできないドラムのフレーズができていたとか 笑

 

本当に自分が好きだから作っている感が半端ないです…

 

僕が挙げた例は最近目立っている人ですが、

『他にもこんな人がいるよ!』

と頭に浮かんでいる人がいればコメントで教えて頂けると嬉しいですー!

 

このように好きで好きで仕方がなく追求してしまうタイプは、いつの間にか他人が真似出来ない存在になって結果的に成功しているパターン

 

しかし、並外れた追求が必要なのでこのタイプで稼げている人はかなり少数派です…

ビジネス・稼ぎ方を知っているパターン

好きなことで稼げているパターンのもう一つは

“ビジネス・稼ぎ方を知っている人”

 

誰もが目を見張るような大成功をするような人は少ないですが、そこそこ稼げるようになる人は結構多いです。

 

こちらのタイプの人は

“自分の好きなことがどのようにすれば稼げるか”と、

ビジネスになり得る形に当てはめて物事を考えます。

 

そもそも稼ぎにならないようなところには飛び込まないので、ある意味では堅実に成功を収めるタイプとも言えるでしょう。

言い方は良くないですが、凡人が成功する上ではビジネスを学んでから好きなことを取り入れていく流れの方が良いと思っています。

好きなことで最も稼ぐことができる第3パターン

『2パターンしかない説』と偉そうなことを言ってきましたが、実はもう一つ最も確実なパターンがあります。

 

それは、好きで好きで仕方なく追求してしまうタイプの人の裏側にビジネス・稼ぎ方を知っているタイプの人が付くパターンです。

 

先程、紹介した『HIKAKINさん』も『米津玄師さん』も最初は個人での活動でしたが、今は事務所であったり、プロモーターが裏に付いています。

 

個人レベルでも大成功と言えますが、そこからさらに飛躍している人には必ず裏側に付いている人間がいるはずです。

好きで好きで追求してしまうタイプが一人で成功できる人が少ないのは、ビジネスとして成り立つ形になっていないからだと言えるでしょう。

僕が好きな分野で稼げるようになった理由

例え自分の好きなことや得意なことがあったとしても、それを上手く活かせずに1円も稼げなくて悩んでいる人は非常に多い

 

かつては僕もそのようなタイプの人間でした。

 

生き物に関連したこと仕事をしたいなーと夢見て何も上手くいかない。

 

今僕が自分の好きなこと(生物や自然、読書)などの分野で稼ぐことができているのは、ブログを通してビジネス・稼ぎ方(ブログの正しい活用法)を知ることができたからです。

 

そのやり方に当てはめた上で、自分の好きな分野ではどうすればマネタイズできるかということがある程度見えています。

また、いくら好きだったとしても、中には稼ぎに繋げることが難しいな~と思うものも…(自分が好きなものも含め)

 

例えばですが、日本刀が好きで好きでしょうがないという趣味をブログでマネタイズしようとしても、ニッチすぎるので大きく収益を上げていくのは難易度が高いです。

特にブログにおいては、人に検索される需要があるかどうかという部分が稼ぎに大きく関わってきます。

この辺はまた別の機会に掘り下げていきましょう。

好きなことで稼げるようになるためには

これは僕の経験から言えることですが、好きなことで稼げるようになるためには、ビジネスの基本を身に着けてしまう方が失敗はしづらいです。

 

さらに絶対的に“好きなものがあるのは強み”になります。

 

それをマネタイズする方法を知り、あとは自分の好きな分野にそれを当てはめて活かしていく。

ブログではそれを容易に試すことができます。

 

だから、僕はブログが好きなんですよね~。

何か好きなこと・ものがあるならば、まずその“好き”をブログで発信することをオススメします。

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。