ブログで稼ぎ趣味を追求するための情報を発信しています。

趣味を仕事にしていくためのメルマガを配信中!

ブログアドセンスで稼げない人が多い理由|根本的な考え方が間違っているお話

 

ブログを実践されている方が僕のブログに訪問して

“アドセンスで全然稼げないのですが……”

というような問い合わせを頂き、アドバイスを求められることが度々あります。

真剣に悩んでいる方の中にはブログのURLまでメールで送ってきてくれることも。
(※挨拶もできないような失礼な人の問い合わせは申し訳ないけど無視します)

全然稼げていない人に関して言えば、やり方云々の前に”根本的な考え方”が間違っています^^;

なので、今回の記事ではキーワード選定とかノウハウ面でできていないことではなく、ブログで収益を得る際に必要な考え方についてお話していきます。

今回はちょっと説教じみた厳しいお話になるかも…!

しょーりん

アドセンスを含めブログで稼ぐということ

僕がブログの初心者だった頃にわかっていなかった部分でもあるのですが、

“ブログでなぜ稼げるのか(お金が発生するのか)?”

を理解できているかが稼げるか稼げないかの分かれ目になっている気がします。

 

“なぜ稼げるか”というのはアドセンス広告がクリックされて…みたいな仕組みの話ではなくて“自分がブログで誰に何を提供して収益が得られているか”ということです。

 

僕の個人的な感覚ですが、全くもって稼げていない人はこの点を理解できていません。

ブログで稼げる理由(僕の解釈)

僕がメインで実践している”アドセンスで稼ぐ”ことにフォーカスを当てて、稼げる理由をお話していきます。

アドセンスで稼ぐ場合はブログにより多くのアクセス(ユーザー)を集め、記事を読んでもらうことで大きな利益が得られます。

 

つまりは検索者が調べていることに対して、自分のブログで検索者が知りたい情報をしっかり提供できて初めてお金に結びつくというわけです。

 

稼げていない人は”検索者が求めている情報”ではなくて、自分本位な内容を綴った記事やテキトーにどこかからつまんできた情報をブログに書いているだけというケースがとても多い…

典型的な例は、狙っているキーワードで既に上位表示されているサイトやブログの劣化版リライトとかです^^;

 

そんなの元の記事読んだ方が良いじゃん!

しょーりん

ってなりますよね。

 

僕がブログを書く際には

・ユーザーが求めている形で情報が提供されていないネタを狙っている

・わかりづらい記事が上位にいたら、それよりわかりやすく記事を書く

ということを意識しています。

 

ブログで発信する情報にまだ供給されていない何かしらの付加価値を付けるというイメージですかね。

アドセンスを含めブログで稼げない人が多い理由

多くのブログ実践者が稼げていない理由は“価値を提供しようという意識がない”というのが大きいです。

ちょっと抽象的すぎるかもしれませんね 笑

“価値と言ってもどんな価値を提供できるのかわからない…”

という声が聞こえてきそうです^^;

 

あくまでも例えですが、

 

自分が住んでいる場所の近くが映画の撮影・ロケ地として使われたとします。

検索窓にその『映画のタイトル』を打ち込んでみるとサジェストキーワード(虫眼鏡キーワード)に『ロケ地』と出てきます。

『映画のタイトル ロケ地』と検索してみるとロケ地に関する情報が出てきませんでした。

ここで『映画のタイトル ロケ地』というキーワードを狙ってロケ地情報や行き方などについてまとめた記事をブログ書くと。

 

 

これってロケ地について知りたい人からすれば立派な価値提供と言えますよね?

イメージとしてブログでできる価値提供はこんな感じです^^

 

また、時々ある“楽(ラク)に稼げる”という謳い文句の先入観からブログの作業を軽視している人が多いのも稼げていない人が多い理由の一つだと思います。
(普通にサラリーマンとして雇われて大きな金額を稼ぐよりずっと楽なのは確かなんですけどね)

メルマガでもお伝えしていますが、ブログは楽(ラク)というよりは楽しいと思って僕は実践しています!

僕もなぜ稼げるかわかっていなかった

僕もブログを始めたばかりのころは、価値提供の考え方の部分が欠落していました。

最初からここが出来ている人は珍しいと思いますが、途中で気づいた人は大きく稼げるようになる人が多いですね!

ブログに何記事も書いてくるとアクセスが来てる記事来てない記事と分かれてくるものです。

そこに何の差があるのかを分析していくことで、良い部分(傾向)というのが見えてきます。

勝ちパターンを見つける

アクセスが集まるか否かについては色々と要素がありますが、上位に表示できたキーワードがあれば大抵は横展開できるものです。

僕がブログの記事で上位表示できたキーワードがあれば、似たキーワードを狙うときは上位表示できた記事の構成や書き方で書くようにしています。

上位表示できているというのはユーザーが求めている(価値がある)記事ということになるので。

ユーザーの求めるラインを見極める

ただ、一度上位表示できてもライバルの出現で下がってくる場合は暫定での上位ということになるので、どんぴしゃでユーザーに価値を感じてもらえていないということになります。

 

初心者の頃は”文字数は何文字以上が良い”とか形式を決めてしまいがちですが、ポイントとしては自分が狙うキーワードでユーザーが何を知りたいのかにフォーカスを当てると良いですね^^

 

ただ、検索結果の上位に出るか出ないかについては時代と共に変化していくので正解があるわけではありません。

僕なりの検索上位へ表示する方法についてはこちら
検索結果の上位に表示する方法|テクニックやコツはあるのか?

まとめ

今回はアドセンスを含めブログで稼げない人が多い理由やその原因についてお話してきました。

結構小難しい話になりましたが、お金を得るからには何かしらの価値を提供しないと難しいということが伝わればと思います^^

ここがクリアできてないと他のキーワード選定などテクニック的な部分ができていても稼げないままということになりかねないので!

この記事を書いている人 - WRITER -
しょーりん
好きなことに特化したブログを書いて生活しているマーケッター。自然や生き物が好きで現在は農業にも取り組み、千葉県で梨を作っています。当ブログでは趣味で稼ぐ手法や楽しく生きるための情報を発信していきます^^♪ 詳しいプロフィールを見る

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。