趣味を仕事にしていくためのメルマガを配信中!

      2017/07/05

アドセンスブログの記事作成を早くする方法と作業の流れ

 

この記事を書いている人 - WRITER -

趣味や好きなことのブログで生計を立て、その手法を少数名の方にお伝えしています。現在は千葉県で梨を作りながら、個人コンサルに尽力中!

詳しいプロフィールはこちら

しょーりん

初心者の方がアドセンスブログアフィリエイトに挑戦し始めると記事作成に2時間や3時間も掛かってしまったり、中には1日掛かりで1記事を書いたという方も中にはいます。

このようなことになってしまうのはどのように記事作成を行っていけば良いのかわかっていないからです。

今回はアドセンスブログの記事作成の流れについて解説していきます!

アドセンスブログ記事作成の流れ

今回紹介する記事作成の流れでアドセンスブログに書く記事は、1記事約40~50分程度で書き上げることができるようになりました。

僕がアドセンスブログの記事を書くときはこのような流れで記事作成をしています。

1.記事ネタ探し
2.キーワード選定
3.記事タイトル作成
4.見出し作成(2~3つ)
5.記事本文の情報収集
6.本文作成
7.まとめ作成
8.記事公開
9.画像選定・文字装飾

慣れてくるとPCの前に座ってから1から9まですべて行って大体1時間くらいで1000文字以上の記事を作成できるようになります!

それでは一つ一つの流れについて解説していきます。

記事ネタ探し

アクセスが集まりそうなネタをニュースサイトなどを利用して選定していきます。

アドセンスブログを実践し始めたばかりの時期は速報系のニュースを取り扱うとよいでしょう。

記事ネタというのは探してしまうといくらでも時間を掛けられてしまうポイントなので『ネタは5分で決める!』という意識を持って行っていくとよいでしょう。

またネタに困った場合はアクセスの来ている記事の関連記事を書くと良いですね。

キーワード選定

キーワード選定は記事作成をする上でアクセスが来るか来ないかに関わる最も大切な作業です。

使えると思ったキーワードを選定してからはライバルがいないかどうかをチェックします。

ライバルリサーチを行うことでそのキーワードや大まかに本文に書く内容が決まるので必ずやるように心がけましょう。

これを抜かすとせっかく1時間以上掛けて作った記事にアクセスが全く集まらない可能性もあるので注意です!

キーワード選定とライバルチェックは大事な作業ですが、こちらも5分程度でできると好ましいです。

記事タイトル作成

選定したキーワードを元に記事タイトルを決めていきます。

記事タイトル作成の基本は読んでも自然な日本語になっていて、キーワードの羅列になっていないことです。

タイトルが唯一検索された時にユーザーの目に触れる看板のようなものなのでしっかりと決めていきましょう!

見出し作成

見出しとは記事にどのような内容が書かれているかを大まかにわかるようにするサブタイトルのようなものです。

見出しは見ただけで先に書かれていることが伝わるようにすることと、記事の内容が気になるような作りにすると良いです。

またSEOの観点から考えると記事タイトルに使ったキーワードを盛り込んだ内容にするとなお良いでしょう!

タイトルと見出しは両方で5分掛からないくらいで終わらせるようにしましょう。

記事本文の情報収集

記事内に書く内容を調べるのはキーワード選定の時に行うライバルチェックと同時に行うと良いです。

それでも情報が足りなかったり、タイトルに入れたキーワードの内容に合致しない場合は追加で情報収集を行いましょう。

見出しを作成している段階で記事の内容の構想は大枠决めておいた方がここが非常に楽になります。

基本的にはここの情報収集は起こった事実情報の裏付けなどを調べて、基本的には自分の考察や予想を記事内にどのように盛り込むか構想を固めていきましょう!

そうでないとただ闇雲に色んな情報を調べているだけで記事作成でなく、ただ時間を無駄にしてしまっているだけになるので要注意です。

時間制限がないとずるずる続けてしまいがちな作業なので情報収集は10分と决めてやった方がいいです。

本文作成

記事本文は冒頭に『何が書いてあるのか』、本文内容には『事実ベースの情報』、『事実情報に対する考察』、『それに対する自分の感想』という流れで書くと文章の流れも自然になってきます。

また、事実ベースの話は誰が書いても一緒の内容になってしまうので、自分の考察や考えをたっぷりと盛り込むようにしましょう。

また感想なども自分が率直に思っていることなどを書くだけでもオリジナリティがでるので率先して書いていきましょう!

記事本文作成は1000字以上を心がけて20分くらいで終えるのを目安にやっていきます。

まとめの作成

まとめは記事の本文の内容を3つから4つくらいの箇条書きにすると良いでしょう。

1つの見出しに1つの箇条書きで書くようにすると迷わずにまとめをかけるのでオススメです!

また、箇条書きにして最後にこの記事では何を言いたかったのかを明確に書くとユーザーにとっては親切です。

記事の公開

記事タイトル、見出し、本文書いたら画像などは後回しにして公開をするようにしましょう。

アドセンスブログに関して言えばインデックスが早ければ早いほどよいです。

速報系の場合は数分が命取りになるくらいアクセスの流入が変わったりもします。

画像選定・文字装飾

これらは基本的には記事の滞在率や滞在時間を長くするために行います。

文字装飾のない記事だとどこが大事なポイントなのかわからず印象の薄い記事になってしまうので必ずやるようにしましょう。

基本的にこの流れで記事作成をすると見出しが決まった段階で書く内容もおおまかに決まるのでスムーズに記事作成を進めることができます!

ただ最初は慣れないとなかなか思うように進められないと思うので数をこなして行くことが大切ですね。

副業の人がさらに作業を加速させる方法

会社員時代に副業でアドセンスブログに取り組んでいた時のことですが、最初は夜中に帰ってきてから1記事書くのがやっとでした…。

そんな中なんとか記事作成する時間を短縮して掛ける記事数を増やせないかを考えていました。

そこで辿り着いたのはとにかくスキマ時間を有効活用するというものです!

僕は朝の通勤電車の時間と昼休みを使って記事ネタの選定をしていました。

昼休みに可能であればキーワード選定をしてライバルチェックをスマホで行うようにして、『帰ってきてからは記事本文を書くだけ』という状況にするよう試みました。

すると仕事に支障をきたさないくらいの睡眠時間を取りつつ1日3記事は作成できるようになったのです!

個人的には睡眠時間の確保や本業に支障をきたさないようにすることがなによりも大切です。

無理をするのは良くないのでできるだけ負担を減らして作業量は増やすようにしましょう。

また、いきなりやるのではなく徐々に作業量を増やして慣らしていくと良いですね!

ネタ選定もスマホでニュースアプリをダウンロードしておくと良いです。

ただ会社でネタ選定をする場合は速報系のニュースには対応できないので未来に起こることで爆発しそうなネタを選定するようにしましょう!

あとは自分で作業を進めているうちにやり方のコツを掴んだり、『もっとこうした方が良い!』ということが
出てくると思うのでどんどん実践していくと良いですね!

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。